顔や全身脱毛するのに効果的な方法は?

顔や全身脱毛するのに効果的な方法は?

顔を含めた全身脱毛を希望する際、選択肢として挙がるのはやはり、エステや脱毛サロンでの脱毛施術、医療機関での医療脱毛の2つでしょう。
一応、家庭用脱毛器を使った方法もありますが、家庭用脱毛器の出力では産毛などの細く色素の薄い毛や、デリケートゾーンなどの太く色の濃い体毛をキレイに処理するのは難しいというのが実情です。

 

では、エステでの脱毛と医療機関での脱毛、どちらがより多くのメリットを持っているのでしょうか?
それぞれご紹介していきましょう。

エステ・脱毛サロン

まず、エステ・脱毛サロンのメリット・デメリットです。

メリット

・医療脱毛と比較すると費用が少なくて済む場合が多い
・痛みや肌への負担が少ない
・駅近くや街中など、通いやすい場所に店舗があるケースが多い

デメリット

・医療脱毛と比較して、使用される業務用脱毛機器の出力が弱く、永久脱毛ができない
・一回当たりの施術効果が低いため、通う回数が多くなる傾向にある
・業務用脱毛機器による施術は、産毛のような色素が少ない毛、ひげやデリケートゾーンに生える体毛のような濃く太い毛に対する効果が低い
・お店によっては勧誘や押し売りがある
・スタッフや技術者のスキルが低いケースがある

エステや脱毛サロンでは光脱毛が主流となっているため、痛みや肌に対する刺激が少ない反面、脱毛効果の点では医療脱毛に一歩劣ります。
それでも、脚や腕、ワキなどの脱毛では問題なく施術が完了するケースがほとんどです。
ただし、顔の産毛や男性のひげ、VIOラインの脱毛をしっかり行いたいという場合、力不足は否めないというのが実情です。

医療脱毛

次に医療脱毛のメリット・デメリットです。

メリット

・永久脱毛が可能
・ひげやVIOラインに生える濃い体毛、産毛などの薄く細い毛も問題なく脱毛できる
・色素沈着やシミ・シワなどのケアを同時に行える場合がある

デメリット

・エステに比べ費用が高い場合がある
・電気針脱毛を選択した場合、痛みや腫れのリスクがある
・光脱毛と比較すると、医療レーザー・電気針脱毛共に、痛みや肌負担が大きい傾向にある

医療脱毛は、永久脱毛が可能なほど効果が高い反面、費用がかかるや施術中に痛みを感じやすいというデメリットがあります。
しかしながら、最近では痛みを極限まで抑えることに成功した「ライトシェア」といった医療レーザーも登場しています。
顔やVIOラインを含め、全身をしっかりと脱毛したい!という方は、ライトシェアを導入しているクリニックを選択し、デメリットを回避すると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る