医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛のメリットとデメリット

医療レーザー脱毛が、エステ・脱毛サロンで行われる脱毛より効果が高いというのは周知の事実です。
しかし、エステやサロンで行われる脱毛と比べ、医療脱毛に関する情報って、女性にも意外に広まっていないですよね。
そこで、今回は医療脱毛のメリット・デメリットを分かりやすくご説明したいと思います。

医療脱毛のメリット

永久脱毛が可能

永久脱毛の定義は「最後の脱毛終了から1ヶ月後の、毛の再成率が20%以下である脱毛法」とされています。
この条件をクリアするのは、日本国内において医療脱毛のみです。
半永久的に脱毛の効果を持続させたいと希望する方には、医療脱毛が最適だと言えるでしょう。

 

安全性が高い

医療脱毛は専門医、もしくは医師の指導・管理の下、看護師や脱毛師といった有資格者が施術を行うため、安全性が高いという特徴があります。
また、乾燥肌や敏感肌、アトピーなど個人の皮膚の状況・特性を選ぶことなく施術可能なのも見逃せません。
自己処理による肌トラブルを抱えている方などでも、皮膚の治療と併行して脱毛施術を行える場合があるのは嬉しいですね。

 

美白など2次的効果が期待できる

医療レーザー脱毛の場合、照射されるレーザー波が体毛や皮膚のメラニンに反応するため、シミや皮膚の黒ずみなどが解消されるケースが見られます。
また、医療用レーザーは体毛の毛根にある毛母細胞だけでなく、ワキガの原因となるアポクリン腺にも反応するため、ワキのレーザー脱毛を行うことで、ワキガの臭いが軽減されたという事例もあります。

医療脱毛のデメリット

痛みを感じる場合がある

医療脱毛は、エステやサロンで使用されている業務用機器よりも出力が高いため、脱毛効果が高い反面、肌にかかる負担や痛みが大きくなりやすいというデメリットがあります。
特に、毛穴に針を刺して脱毛する電気針脱毛の場合は痛みが特に強く、場合によっては出血することもあります。
医療レーザーは電気針脱毛に比べると痛みが少ない脱毛法ですが、レーザーの出力によっては火傷や強い痛みが生じる恐れがあります。

 

効果の出にくい体毛がある

医療脱毛に限ったことではありませんが、休止期の体毛に対しては効果が全く得られません
また、メラニンの含有量が少ない産毛や白髪には効果が出にくい場合があり、ひげやVIOラインの体毛のように濃く太い毛にはレーザーが過剰に反応し、火傷などの原因となることがあります。

 

 


このページの先頭へ戻る