医療脱毛を選ぶ3つのポイント

医療脱毛を選ぶ3つのポイント

医療脱毛にかかる費用は気軽にポン!と出せる金額ではありません。
それだけに、医療脱毛を受けるクリニック選びは慎重に行いたいもの。
ここでは、医療脱毛を受けるクリニックや医療機関を選ぶポイントをご紹介したいと思います。

医療脱毛の料金に注目する

医療脱毛を受ける場合、施術にかかる費用は保険が効かず全額負担となります。
医療脱毛がエステやサロンと比べて高いのは、自由診療による負担割合の高さにあるという訳ですね。
それだけに「少しでも料金が安いクリニックを探そう」と考える方も多いかもしれません。

 

最近では、医療脱毛業界も競争が激しくなり、低価格を売りとしたクリニックや医療機関の数も増えてきています。
しかし、問題なのは価格が安いクリニックが増えていたとしても、脱毛専門医がそれに比例して増えている訳でも、高性能の医療用脱毛器の導入数が増えている訳でもないということです。
つまり、明確な理由も提示しないまま安い料金を提示しているクリニックや医療機関には注意が必要、ということです。

 

医療脱毛の適性価格の相場は以下のようになっていますので、これを目安にクリニックや医療機関の提示する料金が適切かどうか確認してみて下さいね。

初診料

3000円〜5000円

ワキ 脱毛

10万〜15万 (5〜6回)

ひざ下 脱毛

20万〜25万 (5〜6回)

腕 脱毛

15万〜20万 (5〜6回)

Vライン 脱毛

15万〜20万 (4〜5回)

使用している医療脱毛機器を確認する

最近は、医療脱毛業界も価格競争が激しいため、コストカットのため機器のメンテナンスや入れ替えを極力抑えるというクリニックも少なくないと言います。
しかしながら、医療脱毛において施術者のスキルや経験と同じくらい重要なのが、使用される医療用脱毛機器の性能です。
本気で医療脱毛・永久脱毛を行いたい!と考えるならば、クリニック・医療機関をチェックする際、使用している医療機器を確認されることをお勧めします。

 

例えば、医療脱毛の痛みや肌への負担が気になるという方であれば、施術による痛みの原因を極限まで抑えるために開発された「ライトシェア」という医療脱毛機器が導入されているクリニックを選択するなど、医療脱毛で重視する部分に対応した機器を導入しているかどうかを選択の指針とすると良いでしょう。

火傷や痛みに対する対処がしっかりしているか

医療脱毛では、火傷などのトラブルが発生した場合の対処法の確認も重要になります。
万が一火傷や腫れ、炎症などが起きた場合どのような対処を行っているか、その際の治療費用はどうなるかなど、しっかりと説明してくれるクリニックは誠実で信頼に足ります。
反対に、この点を軽視したり無視したりするクリニックや医療機関は、カウンセリングの段階で選択肢から外されることをお勧めします。


このページの先頭へ戻る